テーマ:相続

相続と士業の関係

相続の手続には、ありとあらゆる専門家がそれぞれの専門分野について、手続を代行しています。弁護士(調停手続・争いの和解)・税理士(相続税の手続)・行政書士(相続関係説明図、遺産分割協議書作成)・司法書士(不動産の相続登記)・社会保険労務士(健康保険資格喪失届、遺族年金手続)・不動産鑑定士(建物の評価額算定)・土地家屋調査士(土地の測量など…
トラックバック:4
コメント:4

続きを読むread more

相続人が存在しない相続財産は?

相続人が存在しないときには利害関係人などの請求により家庭裁判所が相続財産の管理人を選任します。公告など一定の手続を経て、さらに特別縁故者(生計を一にしていた人や看護などをした人)の請求を待ち、それでも存在しない場合には国庫(国)に帰属されます。 
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遺留分減殺請求権の時効とは?

民法では遺留分と言う残された家族を保護する目的で規定された権利があります。 具体的には相続財産は遺言により法定相続人以外の第3者へ遺贈することができますが、これにより配偶者や子供は住んでいる家、預貯金などが一瞬にして他人の物になり通常生活を営めない状況になりかねないことから、配偶者と子には法定相続分の2分の1、両親には3分の1の遺留分…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

遺産を自分だけに相続する方法

遺産を他の相続人には分配せずに、自分だけで相続したいとお考えの方もいらっしゃると思います。人それぞれに理由はあると思いますが、ご相談の中で多いのは親の世話を自分だけでした。または、親不孝な兄弟に財産が均等に分配されるのが気に入らない。今まで、相続の権利があるものだと思ってつきあってきた義父(母)が亡くなって、よくよく調べてみたら縁組され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相続時精算課税制度とは?

相続時精算課税制度とは、旧来は相続の時には税率の安い相続税が課せられ、生前に贈与した場合には相続税よりも高い贈与税が誰にでも例外なく課せられました。 もともと贈与税とは相続税を逃れる贈与を防止するための役割が一部にあり、その他には無償で財産を得る不労所得に対して楽して財産を得た人から、税金を取る役割があります。しかし、相続税は相続時に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

死亡したときの手続

人が亡くなった場合、医師の死亡確認を受けてから、通常は病院や公共機関指定葬儀社・互助会などに連絡をして葬儀の打ち合せをします。予算や弔問の人数に合わせた、葬儀を適切にアドバイス頂けると思います。また、ほぼ同時に市区町村役場に死亡届、火埋葬許可の手続きをします。役所窓口では親切に書き方などを教えてくれますので難しいものではありません。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

法定相続

相続では、民法という法律に遺産の分割割合が記載されています。具体的には配偶者がある場合には、必ず配偶者は相続人として財産を受けることが示されており、配偶者と子供の場合にはそれぞれ2分の1ずつ  配偶者と親の場合には配偶者が3分の2と親が3分の1  配偶者と兄弟姉妹の場合には配偶者が4分の3と兄弟姉妹が4分の1 と示されています。ですから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more