相続と士業の関係

相続の手続には、ありとあらゆる専門家がそれぞれの専門分野について、手続を代行しています。弁護士(調停手続・争いの和解)・税理士(相続税の手続)・行政書士(相続関係説明図、遺産分割協議書作成)・司法書士(不動産の相続登記)・社会保険労務士(健康保険資格喪失届、遺族年金手続)・不動産鑑定士(建物の評価額算定)・土地家屋調査士(土地の測量など…
トラックバック:4
コメント:4

続きを読むread more

相続人が存在しない相続財産は?

相続人が存在しないときには利害関係人などの請求により家庭裁判所が相続財産の管理人を選任します。公告など一定の手続を経て、さらに特別縁故者(生計を一にしていた人や看護などをした人)の請求を待ち、それでも存在しない場合には国庫(国)に帰属されます。 
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more