遺留分減殺請求権の時効とは?

民法では遺留分と言う残された家族を保護する目的で規定された権利があります。 具体的には相続財産は遺言により法定相続人以外の第3者へ遺贈することができますが、これにより配偶者や子供は住んでいる家、預貯金などが一瞬にして他人の物になり通常生活を営めない状況になりかねないことから、配偶者と子には法定相続分の2分の1、両親には3分の1の遺留分…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

自家用自動車の相続

遺産相続を考えるときに見落としがちなのが自動車の相続手続です。 自動車には使用者責任と所有者責任と言う2つの責任が存在し、仮に自動車を盗難されひき逃げ事故を見知らぬ第三者が起こし、車を乗り捨てて逃げてしまったとしましょう。 この場合には、自動車の管理を所有者が怠っていたと見なされる場合があり、損害賠償請求の対象になりかねません。 …
トラックバック:31
コメント:0

続きを読むread more