遺産を自分だけに相続する方法

遺産を他の相続人には分配せずに、自分だけで相続したいとお考えの方もいらっしゃると思います。人それぞれに理由はあると思いますが、ご相談の中で多いのは親の世話を自分だけでした。または、親不孝な兄弟に財産が均等に分配されるのが気に入らない。今まで、相続の権利があるものだと思ってつきあってきた義父(母)が亡くなって、よくよく調べてみたら縁組されていなかったなどの事例が当会でもございました。
確かに、世話をした分の代償として、寄与分と言う制度が民法上に規定されており、他の相続人に比べれば有利である。また、他の相続人よりも自分は親に金銭を掛けさせず今まで来たのなら、他の相続人が生前に受けた特別な贈与を差し引いて分配する特別受益の制度などがありますが、どれも実際の苦労とは釣り合わない事が多いようです。
ただ、遺言が無ければ相続割合については、相続人全員で遺産分割協議を行い自分に有利な様に割合を多く協議の中でしてもらえれば良いのですが、目前にある金銭を見て誰が譲るでしょうか?
譲ってくれるくらいの相続人同士であれば、その前に今回の話題にはならないはずです。
従って、生前に両親が全部私にくれると言っていたと主張しても、亡くなってしまえば法律に従って分配されてしまうのです。
ましてや、全部自分のものにしたいと思うので有れば又は、全部を特定の人に相続させたいと考えるのであれば、遺言書を作成してその内容に従って相続するしか方法は無いのです。
遺言書を作成する場合にも、正しい内容で第三者が介入していないと、後々にもめる原因となりやすいので、公正証書遺言を作成することをこの場合にはおすすめします。

遺言書作成なら 遺言相続研究会へご相談・ご依頼ください。http://www.igonsouzoku.com/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック