相続時精算課税制度とは?

相続時精算課税制度とは、旧来は相続の時には税率の安い相続税が課せられ、生前に贈与した場合には相続税よりも高い贈与税が誰にでも例外なく課せられました。
もともと贈与税とは相続税を逃れる贈与を防止するための役割が一部にあり、その他には無償で財産を得る不労所得に対して楽して財産を得た人から、税金を取る役割があります。しかし、相続税は相続時に到底、発生しない人が贈与をしても贈与税は課せられるために、スムーズな財産の移動が行われない原因となり、相続した時には財産は生活の助けにならない、消費されない財産になってしまうことが問題ともなり例外として〔相続時精算課税制度〕が創設されました。
この制度では65歳以上の親から20歳以上の子供への贈与に対して申告をすれば適用され原則は2500万円まで贈与時に贈与税は課税せずに相続時に相続財産として計算し相続税を課税することができます。また、2500万円を超えた場合にも一律20%の課税を一時的にされ相続時に相続税と相殺されます。
この制度を活用すれば息子が二世帯住宅を建てる場合など、今までは親の土地に抵当権を設定するなどの複雑な手続きが必要でしたが、土地の所有者として建物を建てることができるなど便利な制度です。

相続対策、生前贈与の手続きは宮崎行政書士事務所へご相談ください。http://www.miyazakioffice.com/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック