遺言書の効果

 遺言書とは、自分が残した財産(亡くなった人の財産は遺産と呼ばれます)の分け方を示すこと。遺族へ生前には伝えられなかったことを書き残すことを伝えるなど、最後の手紙と理解してください。
 この遺言書が無いと、遺族は遺産分割協議と言う話し合いの中で残された遺産の分け方を話し合う訳ですが、協議がまとまらない場合には調停や裁判などにより、様々な条件を元に分割方法を決定されていく訳です。
 そこで、なぜ遺言書(いごんしょ・ゆいごんしょ)が必要か!ですが、第一には特定の人に財産を他の相続人より多く譲り渡したい場合に、分割割合を示す為に必要です。
一人暮らしのお年寄りが増える中で、子供は遠方におり兄弟は高齢で他人の面倒を見る余裕も無い、などと言うことが益々、増えてきました。
お隣の○○さんに日常生活における介護(お買い物の手伝いや、食事の支度など)をしていただいた。しかし、ご自分が亡くなられたときには法律で定められている相続人でなければ相続権を主張することができません。本当に善意でお世話をして頂いたとしても、何のお礼も出来なくてと言うのでは社会が成り立っていくでしょうか?
そんなときに利用するのが、遺言の仕組みです。財産の一部を譲ると書くか、相続人の誰かにお礼をするように指示するかはご自由ですが、そんなことにも遺言は利用できるのです。
また、兄弟仲良くするようになど、相続人などへのメッセージを書き残すこともよろしいと思います。
様々な役に立つ遺言書の制度を是非ご利用ください。遺言を書く事は、当然のマナーと思っていただけると幸いです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック