アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
遺言相続研究会(ブログ編)
ブログ紹介
遺言と相続をテーマに研究するブログです。高齢化社会における遺産相続問題はもう、他人事ではありません。当ブログは遺言相続研究会http://www.igonsouzoku.com/が監修・管理・運営するものであり、HPの更新では時代のスピードに対応出来ない為に開設されました。遺言相続をテーマとする情報提供と、手続の代行を受ける場としてもご利用ご活用頂ければ幸いです。
(営業エリア 東京都墨田区 江東区 江戸川区 葛飾区 台東区 千葉県市川市 松戸市 柏市 船橋市 浦安市 鎌ヶ谷市 白井市 習志野市 八千代市 印西市 などの東京23区内及び、千葉県北西部にて手続代行をお受けしております。)

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
相続と士業の関係
相続の手続には、ありとあらゆる専門家がそれぞれの専門分野について、手続を代行しています。弁護士(調停手続・争いの和解)・税理士(相続税の手続)・行政書士(相続関係説明図、遺産分割協議書作成)・司法書士(不動産の相続登記)・社会保険労務士(健康保険資格喪失届、遺族年金手続)・不動産鑑定士(建物の評価額算定)・土地家屋調査士(土地の測量など)しかし、相続手続は個々の家庭ごとに必要になる専門家が異なります。争いが無いのに弁護士に相続手続を依頼しても、相続税が発生しないのに税理士に依頼しても的はずれです... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 4

2006/11/16 22:41
相続人が存在しない相続財産は?
相続人が存在しないときには利害関係人などの請求により家庭裁判所が相続財産の管理人を選任します。公告など一定の手続を経て、さらに特別縁故者(生計を一にしていた人や看護などをした人)の請求を待ち、それでも存在しない場合には国庫(国)に帰属されます。  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/16 22:40
遺留分減殺請求権の時効とは?
民法では遺留分と言う残された家族を保護する目的で規定された権利があります。 具体的には相続財産は遺言により法定相続人以外の第3者へ遺贈することができますが、これにより配偶者や子供は住んでいる家、預貯金などが一瞬にして他人の物になり通常生活を営めない状況になりかねないことから、配偶者と子には法定相続分の2分の1、両親には3分の1の遺留分と言う権利を与えています。 遺留分を行使するには、遺留分を犯している受贈者や相続人に対して請求をする必要があります。これは通知をすれば請求をしたことになりますが... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2006/10/19 11:47
自家用自動車の相続
遺産相続を考えるときに見落としがちなのが自動車の相続手続です。 自動車には使用者責任と所有者責任と言う2つの責任が存在し、仮に自動車を盗難されひき逃げ事故を見知らぬ第三者が起こし、車を乗り捨てて逃げてしまったとしましょう。 この場合には、自動車の管理を所有者が怠っていたと見なされる場合があり、損害賠償請求の対象になりかねません。 相続では遺産分割協議が終了していれば、自動車を相続する権利を持った相続人が所有者責任を負い、遺産分割協議が終了していなければ相続人全員の共有財産として、所有者責任... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 31 / コメント 0

2006/10/05 03:24
郵便貯金の解約方法
郵便貯金と限定していますが、主に金融機関全般でも類似しますので、参考にしてください。 被相続人名義の郵便貯金口座は、定期・積立・国債・普通と種類を問わず、名義人の死亡により口座が凍結されます。これは名義人の死亡により、相続人全員の共有相続財産になるため、当然に口座の名義人である亡くなった人は引き出しすることは不可能であり、また相続人が確定していないのにむやみに第三者に預金を引き出されるのを防止するために行われるのです。(なりすまし等) したがって、その口座の凍結を解除するためには、相続人を確... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 0

2005/11/30 00:10
遺産を自分だけに相続する方法
遺産を他の相続人には分配せずに、自分だけで相続したいとお考えの方もいらっしゃると思います。人それぞれに理由はあると思いますが、ご相談の中で多いのは親の世話を自分だけでした。または、親不孝な兄弟に財産が均等に分配されるのが気に入らない。今まで、相続の権利があるものだと思ってつきあってきた義父(母)が亡くなって、よくよく調べてみたら縁組されていなかったなどの事例が当会でもございました。 確かに、世話をした分の代償として、寄与分と言う制度が民法上に規定されており、他の相続人に比べれば有利である。また... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/07 01:54
固定資産税評価証明書とは?
不動産が遺産の中にあるとき、必要書類の中で固定資産税評価証明書と言うものがある。これは不動産の評価額を毎年、市区町村が決定しており、この評価額を証明書として市区町村役場(東京23区は都税事務所)が発行してくれます。本来は固定資産税や都市計画税を算定するために利用される評価額であるが、不動産登記における登録免許税の算出にも利用されます。 従って遺産の中に不動産がある場合に名義変更が必要になるため、固定資産税評価証明書が必要なのです。また、相続財産の価格を算定するためにも利用することがありますので... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/10/11 10:08

続きを見る

トップへ

月別リンク

遺言相続研究会(ブログ編)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる